発達障害児・者とその家族を支援する団体の活動を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人の発達障害講座
ゆめりあ120225チラシ最終

ただいま、参加者募集中です!
お申し込みは以下へ。

ゆめりあ120225チラシ裏最終

【2012/02/15 10:35】 | イベント
トラックバック(1) |
1/15の「情熱×プロジェクト」
発達障害児のサポートワークショップ
参加してくださったみなさま、
ありがとうございました。

大成功!とは言い切れない内容でしたが、
こせい舎の思いが少しでもご理解いただけたのではないかと…

団体としては未熟で、突っ込みどころ満載だったと
思いますが、スタッフ一同、力を尽くしました。

今後はさらに、団体としてさまざまな活動に力を入れて
進んでいきたいと思いますので
みなさま、応援よろしくお願いいたします。

【2012/01/22 07:05】 | イベント
トラックバック(1) |
【1/15】『情熱×プロジェクト2012』
「情熱×プロジェクト」は、家庭や仕事、日常生活の中にある「どうしたらいいの?」
「何とかしたい!」に様々な分野で専門性と経験を重ねたNPOが、これまで培った
知恵を共有し、解決のヒントを見つける講座やワークショップを開催します。

○開催日:2012年1月15日(日)10:00〜17:00
○場 所:ひと・まち交流館 京都
○参加費:300円(交流会費として)*別途、参加費が必要なプログラムもあります
○申込締切:2012年1月10日(火)*ただし、定員に達し次第締切ります
今回は、7つのプログラム(要事前申込)と2つのスペシャル企画を実施します。
詳しくは、『情熱×プロジェクト2012』ブログでもご紹介しています。
ブログ:http://blog.canpan.info/jounetsu_pj/

こせい舎が行うのはこれ!
●発達障害児のサポートワークショップ
 プログラム実施団体:NPOこせい舎
 対象:発達障害児に接する教育者、支援者、ボランティアなど
 定員:30名  時間:14:00〜16:00
 参加費:1,000円、交流会費:300円
http://blog.canpan.info/jounetsu_pj/archive/7

発達障害児の日常生活をサポートする上で知っておくべきことや、
効果的な支援法等を実例を見ながら学び、ロールプレイングで
支援上のポイントを体得します。
ぜひ、来てください!

お申し込みは以下
○申込方法:参加ご希望のプログラム名、お名前、連絡先、参加動機を明記のうえ、
Eメール、郵送、FAXまたは窓口でお申込みください。受付後、より充実した
プログラムにするために、事前ヒアリングシートをお送りしますので、ご協力を
お願いします。
○保育受付:6カ月から就学前までのお子さんの保育を受け付けます。保育を
ご希望の方は、お子さんのお名前、年齢、アレルギーの有無をお申込み内容と合わせて
明記ください。受付後、持ち物などの詳細をご連絡させていただきます。
 *実施協力:NPO法人京都子育てネットワーク
 *保育申込締切:2011年12月28日(水)
○主催・問合せ:京都市市民活動総合センター
(担当:森本のり子・廣瀬智美・森本純代)
 〒600-8127
 京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1
 (河原町五条下る東側)「ひと・まち交流館 京都」2階
 電話番号:075-354-8721 / FAX番号:075-354-8723
 電子メール:shimisen@hitomachi-kyoto.jp
 URL:http://shimin.hitomachi-kyoto.jp/



【2011/12/18 16:19】 | イベント
トラックバック(1) |
e-ラーニングでの
発達障害支援講座


参加申し込み受付中です

e-ラーニングチラシ 表

e-ラーニングチラシ 裏


わが家では子どもが4歳のときにパソコンを使わせた。
アルファベットが理解できなかったので、
文字を打つことは無理だったけど、
イラストレーターの基本的な使い方を教えると、
アーティスティックな絵を描いていたのでビックリした。
しかも、私が知らない機能まで使って!

子どもは「面白い」と感じたら
勝手にどんどん学んでいく。
それも、ものすごいスピードと集中力で。

うちの子は今、ポケモンのゲームに寝食を忘れるほど
夢中になっている。
新たなポケモンゲットするために、図鑑や本などを読んで
それはそれは必死に勉強している。

算数もこれくらいやってくれたらと思うのは、親のエゴか・・・

でも、1度見たらポケモンの名前、タイプなどを覚える、
攻略法を考えてゲットするなどは、ちゃんと脳を使っているから(?!)

ゲーム感覚で学べるe-ラーニングを、ぜひ多くの子どもに体験してほしいと願っています。





FC2blog テーマ:行事・イベント - ジャンル:育児

【2011/07/22 09:47】 | イベント
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。