発達障害児・者とその家族を支援する団体の活動を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都文教大学の臨床心理学部・臨床心理学科
吉村夕里先生のゼミで発達障害についての話をしました。

111117_文教ゼミ


こせい舎、設立の経緯や活動の目的、
活動の紹介とこれからの展望も
話してきました。

去年のサポーター養成講座からボランティアスタッフとして
活躍してくれているM君の話をすることで、
新たな学生スタッフが来てくれたらいいなぁと
思っていたら、2回生のOさんが
「お手伝いしたい」と言ってきてくれました!

M君は大学を卒業するけど、今後も学習支援でお世話になります。

PCを使った学習支援
まもなくスタートします!



【2011/11/24 17:37】 | 発達障害
トラックバック(0) |
児童相談所
発達検査を受けた。

ダメもとで療育手帳の申請をするために。

やっぱりダメだったが、職員からの連絡にキレた。

職員「検査の結果、今回は療育手帳の認定はできません」

私「そうですか。検査の結果はいただけますか?」

職員「検査の当日、心理士からお父さんに口頭説明をしました。
児童相談所では結果はお渡しできないことになっています」

私「なぜ?」

職員「口頭説明はさせていただいてますので・・・」

私「なぜ結果をもらえないんですか?それに“今回は認定できません”って何?
IQか知能指数か発達指数化わかりませんけど、
今後、認定される可能性があるってこと?」
とか色々と質問を投げたが

職員「担当がいないのでわかりません」

出たよ~~!お役所の常套句!

担当は誰か、ドクターは児童精神科医なのか、
という質問にもハッキリと答えられないのでさらにキレた。

納得がいかないのでさらに粘ると
「心理士から連絡させます」とのこと。

で、検査の結果を見せてもらえるということに。

うちの子は
●数字を覚えること(6桁とか7桁とかのただの数字の羅列)
●記号、形を見て書き写すのが得意
だった。詳しい数値はここでは控えさせていただくが、
京都府で療育手帳を入手できるレベル(IQ70以下)ではなかった。

苦手なのは
●言葉だけで状況を理解すること
●体を上手に使うこと 

苦手なのはおいといて、検査でわかった得意なことを、
日常ではどのように役立つのか?と聞いてみたら、
ハッキリとした答えはもらえなかった。

そんな答えをもらおうとすること自体、間違っているのかも
しれないけど、子どもを伸ばす手立てのヒントにすらならず、
ガッカリだった。

だってね、臨床心理士ですよ。
場所によっては子どものケアというか
実際の支援プログラムとかしてるでしょ?

なのに・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きは当事者例会で!
次回は
2011年11月8日(火曜日)
10:00~12:00
京都府山城NPOパートナーシップセンター


お役所のみなさん、
市民をナメてはいけません。


そして発達障害の子をもつ親たち!
お役所、専門家の言うことを鵜呑みにせず、
納得がいくまでくいさがりましょう!


役所の担当者や、色んな専門家が自分の都合や理論を
あたりまえのように振りかざすのは、
親が素直に黙って聞いているからっていうのも
原因のひとつだと思うのです。

何だかスッキリしないぞ、
何かヘンじゃない?って心の声が聞こえたら、
その声に従って、疑問を投げかけましょう。
文句ではなく、ね。








【2011/11/06 20:24】 | 発達障害
トラックバック(0) |

サポーター養成講座の報告もしないまま、
こんな暗い気持ちでブログを書くとは・・・

読んでくださってる人、ごめんなさい。
でも、あえて書かせてください。
この現実を知って、似たような状況の子がいたら
すぐに何とかしてほしいと思うのです。


今日、あぶみが宿題中にパニックになった。
もうイヤ!死にたい!学校はイヤ!ネットの世界に行きたい!

1か月ほど前から、DSのうごメモシアターにはまっていて、
どうやら通信ができるらしく、それが現実の辛さから
逃げる唯一の方法だったようで、
それを「ネットの世界」と呼んでいる。

あぶみの言うネットの世界にはトモダチコレクションも入っている。

いつしか空想の友だち「リク」と遊ぶようになった。
初めは「ネット上の友だち」と言ってたのだが、
リクは現実の世界、学校や出かけ先にも出てくるようになった。

「この前、リクと牧場に行ったときにマーシャルと遊んだよ」
「リクと学校のブランコで二人乗りして遊んだ」
「リクが自転車で電柱に肘を打って、骨折した」

これはどれも、現実の世界とリンクしている。(だから名前が「リク」?!)


現実の世界の実情が、今日、わかった。

誰も遊んでくれへん。
休み時間も一人。
体操服に着替えるフリしてトイレに行って
休み時間が終わるの、待ってる。
(誰とも遊んでいないのがバレるのがイヤだから)



私は知らなかった。
そんなに辛い思いをしていたのに、誰にも言えずに一人で闘っていたのか・・・

「ママも子どものとき、そんなことあった?」と聞かれた。
「うん。ママもあった。
 めっちゃイヤやった。
 でも、学校は行かなあかんから、
 ママは休み時間は一人でお絵かきしたり、
 本を読んだりしてた」

でも、それは私が小学5年生のときの話。
そのときは、担任の先生が気づいてくれて、
先生が休み時間にクラスのみんなに
「ソフトボールやるぞー」とか
「新しい遊び教えたるぞー」とか言って、
私を誘ってくれて、うまくみんなの中に入れてくれた。

絵を描くことと、文章を書くことが大好きだったことを知ってくれていたので
学級新聞を作るときにはイラスト担当や
記事担当にしてくれた。

クラスでそんな役割ができると、
私に話しかけてくれる子も増えてきた。
「はみちゃん、絵がうまいな」
「はみちゃん、これ描いて」

そして、仲の良い友だちが何人かできて、
その後、卒業するまで休み時間に一人で過ごすことはなくなった。


あぶみの担任の先生が、それをしてくれるかどうかはわからない。

もしかしたら、他に方法があるのかもしれない。

私が誰かに頼んで「あぶみと遊んでやって」と言えば
一人くらいは遊んでくれるだろう。
でも、そんなことは長続きしない。
そのうちバレて、かえって傷つくことになる。
これも私は小3のときに経験済みだ。

先生に頼まれて声をかけるのは
クラスでもしっかり者タイプの子。
「はみちゃん、なに描いてんの?」
「○○のキャラ」
「ふーん。うまいな」
「・・・・・」
「Aちゃんたちとドッジしーへん?」
「・・・ヘタやねんけど・・・」
「いーやん!やろやろー」

そして、やっぱりヘタですぐにボールが当たる。
負ける→おもしろくない→ちがう遊びをする→私以外の子と盛り上がる

そんなことを何日か繰り返して、
「あ、この子、遊んだりって、先生に頼まれたんや」と気づく。


そして、傷つく。
私は先生に頼まれなければ遊んでもらえない子なんだ。
友だちがいない私は、ヘンな子なんだ。
無理やり遊んでくれる友だちなんていらない。
誰とも遊んでないのを見られるからこうなったんだ。
じゃあ、誰にも見られない場所に隠れよう。
で、トイレで休み時間を過ごす・・・

でも、これもいつかバレる。
誰かが見ていて
「はみはいつもトイレにいる」と言われるのだ。
だから私は、見つからないように校舎中のトイレを転々とした。

4年生になってどうしていたのか覚えていないけど、
5年生になってからは、さっきの担任の先生の働きかけで、
友だちができた。


あぶみの辛さは本当に良くわかる。
それだけに、私も辛い。


うまく人間関係を作れないあぶみが悪いのだと思う。

でも、友だちの作り方なんて、どうやって教えればいいのかわからない。
声のかけ方を教えてはいるけど、できていないのかもしれない。

とにかく、気の合う友だちが見つかることを祈るばかりだ。







【2010/11/05 00:41】 | 発達障害
トラックバック(0) |
ただいま、申込受付中です!

養成講座チラシ表
発達障害児サポーター養成講座 裏

申込は
必要事項をご記入の上、
koseisya@mail.goo.ne.jp まで!

「お茶っ人」さんにもアップしていただきました!
http://www.sns.ochatt.jp/c.phtml?g=137956



【2010/07/09 10:29】 | 発達障害
トラックバック(0) |
枚方セラピー牧場

2週間ぶりに枚方セラピー牧場に行ってきました。
100606_1719~04
これは、下に落ちている草をひろって食べさせているところ。
馬たち、必死で食べに来ます。


100606_1612~02

ポニーのステラをブラッシングするあぶみ。
この牧場では「馬とのふれあいコース」というプログラムがあり
事前に予約すると馬のお世話や乗馬などが体験できます。

ここはひきこもりや不登校の支援もされていて、
スタッフの方もとても優しく、いい感じで受け入れてくれるので
発達障害児も安心して通えます。

馬に乗ると思ったよりも上下に大きく揺れる上下に大きく揺れるので
バランスをとるために、下腹や太ももにある程度の力をいれなくてはいけません。
それが前庭感覚固有受容覚
働かせることにつながり、感覚統合にはすごくいいみたいです。

馬の柔らかい筋肉や、たて髪の下のふわふわしたところ、
フニャフニャの唇など、他の動物では体験できない感覚を味わえるのも魅力的なところです。

マーシャル
「ちょーだーい」と言っているような顔❤

そして何より、体重500キロ程もある大きな馬が、
自分のいうことをちゃんと聞いてくれる!ってのも魅力ですね。
「ちゃんと伝えられた」達成感があります。
支配欲を満たしているだけか?と思うこともありますが・・・

まあでも、ホントに、馬は
脳にも心にも体にも、有効に働きかけてくれる素敵な動物です❤






【2010/06/11 12:07】 | 発達障害
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。