発達障害児・者とその家族を支援する団体の活動を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンポジウム
NPOこせい舎の設立記念イベントとして行う
子育て・教育 地域支援シンポジウム!

医療・教育・福祉等、各界の専門家が一堂に会して
子育ての悩みを解決するために何が必要なのかを考えます。

※チラシの配布は1月中旬予定です(泣)
 準備が遅れ、訂正が多くて・・・


このシンポジウムのテーマは 
子育て・教育の「しんどさ」の解決法を見つけようです。

どーして子育てがこんなにしんどいのか??

なんでこの子はこんなに大変なのか???

それは、発達障害の要素もあると思いますが、
それよりも大きいのは、子育て環境が昔とは大きく違うこと、というのも
しんどさの原因になっているのではないでしょうか。

ひと昔前なら、子どもは地域ぐるみで育てていましたよね?
学校の帰りに近所のおばあちゃんにお菓子をもらって帰る、なんて
あたりまえのようにあったし、近所で悪さをしたら
おっちゃん、おばちゃんに怒られました。

今でも、そういう地域はあるでしょうが、
子どもをとりまく人間関係は昔と比べて明らかに希薄になっています。

同年代だけではなく、自分より小さな子どもや年上のお兄さん、
お姉さん、また、先生でも兄弟でも親戚でもない「大人」と接することで
子どもはコミュニケーションを肌で学び、社会のルールを学ぶのです。

地域のつながりが薄れている今、子育て環境をより良いものにするため
には意識的にその「場」を作らなくてはなりません。

どんな「場」が子どもたちに必要なのか?
教育の現場ではどうすればいいのか?
家ではどのようにすればいいのか?
近所にこんな子どもがいるけど、どう接したらいいのか?
困ったときはどこに相談に行けばいいのか? などなど、
子どもと親の抱える不安や悩みをまるごと解決!?するために
専門家が集ってパネルディスカッションを行います。
質疑応答の時間もあるので、個別のアドバイスを受けられる可能性も!

また、希望の方には限定3名で
作業療法士・灘 裕介先生による
感覚統合療法の個別プログラム
も。
※実施日は3月19日(金)です


お申し込みスタートはまもなく!
チラシが完成次第、受付を開始いたしますので
申し訳ありませんが、あと少し、お待ちください。




スポンサーサイト

【2010/01/05 13:43】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。