発達障害児・者とその家族を支援する団体の活動を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

bunkyo20121107.jpg

2012年11月7日、京都文教大学・臨床心理学部の
2・3回生ゼミに呼んでいただき、発達障害の話をしてきました。

こせい舎の代表としての話、親として、当事者として
のこだわりや困ったことなども話しました。

学生の感想として
「自分も不登校だったので、安心できる居場所の必要性がわかる」
「将来、援助職に就きたいので勉強になった」
「発達障害の人は、正直なところが魅力的」等々。

援助職になってもならなくても、
発達障害者の良き理解者となって、あらゆる場所でサポート
してくれることを願います。

スポンサーサイト

【2012/11/11 18:54】 | 発達障害
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。