発達障害児・者とその家族を支援する団体の活動を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


6月28日、吉村夕里教授の3回生ゼミで
「ことばのがくしゅう」講師の松尾先生と一緒に
授業を行いました。



事前に学生にアンケートをとってもらい、
何が聞きたいか?を調べてからの授業。

学生から出たアンケートの回答は
「日常生活で困難と感じることは」
「子どもの発達障害、大人の発達障害の違い」
「発達障害の種類、育て方、触れ合い方」
「発達障害に対してどんな支援があるのか」
「PSWはどういう形でかかわっていけるのか」・・・

こせい舎・中野はこの学生からの質問に答える形で
話をしました。

発達障害の子どもや大人と接したことがある人からの
質問で、必ず出てくるのは
「パニックになったらどう対応すれば良いか」

中野の答えは
「パニックを起こさない環境づくりを」
「未然に防ぐことを考えて」


パニックは、状況に対する反応。
不安、恐怖、怒りとか
空腹、暑い、寒いとか
自分の心理状況や感覚に対する反応なので
起こってしまってから鎮める方法を考えるよりも、
起こらないようにすることを考えてほしいのです。

簡単に言えば、
蚊に刺されないように、
蚊取りマットを置きましょう、
夕方、公園に行くときには虫よけスプレーを。
ってことなんです。

刺されてかゆくなったら、気のすむまで掻くか、
かゆみ止めを塗るか、ですよね。

パニックになったときの
「かゆみ止め」は人によって違うし、
答えられないんです。

専門書には
「静かな声で落ち着いて話しましょう」
「ひとりになれる空間に移動させましょう」
みたいなことが書かれていますが、
それでおさまる子もいれば、かえってパニックを助長する子もいます。

発達障害のある人を
「人間」と考えれば、その時々でベストなことが
見えてくるのではないでしょうか。

発達障害のある人が、なんだか特別な生きもの
のように思ってるんじゃないかな?
学生だけではなく、たぶん、地域でも、
会社でも、学校でもそういう感覚なのかもしれない。

まだまだ、啓発に力いれないと!
スポンサーサイト

【2012/06/30 06:56】 | 未分類
トラックバック(0) |
発達障害児パーソナルサポート
実践講座 参加者募集!

PSチラシ表ブログ用

身体、脳、心理、教育、各分野のエキスパートから
有効な支援法を学び、日常で実践できるサポートを!


参加お申し込み方法
1.お名前
2.ご住所
3.所属団体
4.電話・FAX番号
5.Eメールアドレス
を明記の上、FAXまたはEメールで下記までお申込みください。

●お申込み・お問合せ先
NPOこせい舎 TEL 080-4239-0093(中野)
FAX 0774-32-7263
koseisya@mail.goo.ne.jp

※お申込みのFAX、Eメールの到着をもって受付完了とさせていただきます。
定員超過により参加いただけない場合のみ、その旨ご連絡いたします。

◆この講座は京都府・すべての子どもが健やかに育つ「街」応援事業として開催します。

【2012/06/25 09:26】 | 未分類
トラックバック(0) |
2011年5月8日(日)、京都府宇治公園中の島で開催された
ええもん発見市in山城
就労ネットうじ「みっくすはあつ」さんの
販売お手伝いをしました。

ええもん2011春

授産施設の商品を子どもたちが販売し、
売り上げの10%を報酬としていただく、
子どもたちの「就労体験」は、
昨年度の京都府・府民サービス向上成果発表会で
奨励賞をいただいた取り組みです。

ええもん2011春ソフト
今回で3回目の参加となるこせい舎の子どもたち。
ソフトクリームを作るのにも慣れてきました。

子どもたちのサポーターには
京都文教大学・臨床心理学部の学生3名がつき、
販売のフォローをしていただきました。

途中、激しい雷雨に見舞われ、
耳をふさいで学生にピッタリとくっついていた
発達障害児「あぶみ」は、恐怖に耐えきれずに
「家に帰る!」と言い出して
パパに連れられていったん帰宅・・・
しかし、夕方には戻ってきて、みんなで後片付けをしました。

成功して終わらせることで、達成感を生み、
自己評価を上げることにつなげる
ことは、誰にとっても必要なこと。
今回も、成功!で終えることができて、良かったです。

次回、秋にはこせい舎の子どもたちで
チャレンジショップを出そうかと会員の中で検討中。

来てくださったみなさま、ありがとうございました。
今後も、応援よろしくお願いします!
まゆまろ
まゆまろも応援に来てくれました。




FC2blog テーマ:行事・イベント - ジャンル:育児

【2011/05/15 08:32】 | 未分類
トラックバック(0) |
ええもん発見市in山城で
子どもたちが授産施設の商品を販売します!


ええもん発見市in山城チラシ
2011ええもん発見市

NPOこせい舎は2011年5月8日(日)に参加します

今回で3回目の参加となるええもん発見市。
NPO法人就労ネットうじ「みっくすはあつ」さんの
授産製品を子どもたちが販売し、売り上げの10%を
報酬として子どもたちに還元する、という就労(?)体験です。

この企画は平成22年度の府民サービス向上成果発表会で
学生、NPOと協働した「障害者自立 授産工賃倍増大作戦!」
「ゼロ予算」でやってみよう!~その後の展開

として、府庁で発表し、
京都府から『奨励賞』をいただいた取り組みです。

発達障害の子どもも、そうではない子どもも参加して
ソフトクリームを売ったり、コーヒーを入れたり、
自分が作ったものを売ったり…。

子どもたちのサポーターには、
京都文教大学・臨床心理学部の学生が応援してくれます。

元気に「販売員」としてがんばっている
子どもたちを見に来てください!
ええもん発見市in山城
2011ええもん発見市



追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:こどもと一緒に♪ - ジャンル:育児

【2011/05/02 22:55】 | 未分類
トラックバック(0) |
サポーター養成講座ガイダンスできました。

繧オ繝昴・繧ソ繝シ鬢頑・隰帛コァ繧ャ繧、繝

2010年の7月~10月にかけて全8回開催した
「発達障害児サポーター養成講座」の
内容を要約した冊子ができました。

今回は無料配布ではなく、
協力金をいただいての配布となります。

ご希望の方は、以下にメールをください。
折り返し、連絡いたします。
koseisya@mail.goo.ne.jp



【2011/04/26 14:18】 | 未分類
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。